成年後見

現在、日本では長寿が進み、元気な高齢者が増えています。
一方で、認知症などにより、的確な判断を下せなくなっている方も多くおられます。

私たちは誰しも日常生活において、好き嫌いを問わず大きな問題小さな問題に対して、さまざまな判断や決断をし続けています。
そのような判断や決断を下せなくなった方に代わり、身上監護(身の回りの世話)や財産管理(その人の財産を適切に管理し、他人にむしり取られることを防ぐ)を行うのが、成年後見人の役目です。

成年後見人は、家庭裁判所が適切な人を選任します。
事案によって、配偶者や子供等の親族が選任される場合や、弁護士や司法書士等の法律専門家が選任されることもあります。

成年後見人が選任されることで、相続人間の将来の遺産を巡る争いを避けたり、遺産分割協議をスムーズに進められたり、といったメリットがある場合もあります。

成年後見は法律で認められた人が、家庭裁判所に後見人の選任を申立てることが必要です。お手続きについては、弁護士にご相談ください。