債務整理・自己破産・民事再生

任意整理

返済が困難になったものについて、無理のない範囲の返済計画で業者と交渉します。
過払金がある場合には、その請求をします。

自己破産

返済が困難である場合には、自己破産を申し立てて、免責決定を得ることで負債の整理をします(全ての事件で必ず免責決定が出るわけではありません)。

民事再生

債権を一部カットしてもらって返済を続けて行きます。
自己破産の場合には不動産等を処分しなければならないのですが、民事再生手続では家を残すことができる場合があります。

*いずれの場合も弁護士が受任することによって、業者等からの直接の請求が来ないようになりますが、基本的には弁護士介入により信用情報に登録されることになり、新たな借り入れ等が一定期間できなくなるようになります。
また、任意整理以外の手続については、弁護士費用のほかに別途裁判所に対して納付する費用が発生します。