相続・遺言

親が残した財産を子どもたちで仲良く分けたい。
そう思っても、子供たち(相続人)同士の話し合いが、円満にいくとは限りません。
また、親の残した財産が不動産など、均等に分けるのが難しい場合もあります。

このような場合、親族以外の弁護士など第三者が入ることで、親族だけで話し合う時よりもスムーズに話が進むことも多いです。
相続人間で話し合いがつかない場合、また遺産をどのように分ければいいのか分からない場合、ぜひ弁護士へご相談ください。

自分の子供たち(相続人)は遺産分割でもめないだろうと考えたり、子供たちには自分の遺産で争うのはやめてほしい、と願うご高齢の方も多いと思います。
その願いとは裏腹に、遺産分割をめぐる争いは現実に起きています。

自分の死後に遺産分割で争いを起こさせないために、生前に遺言(法律用語では「いごん」と読みます。)を残したり、遺言執行者(遺産を遺言どおりに分ける役目)として信頼できる弁護士を指定しておくことは、相続人の無用な争いを無くすことにもつながります。

将来を安心して迎えるためにも、弁護士にご相談ください。