交通事故

交通事故で、次のようなケースはございませんか?

  • 怪我をして入院や通院をした。
  • 仕事や事業を休まなければならなくなった。
  • 後遺障害が残ってしまった。
  • 家族等が事故によって亡くなってしまった。
  • 過失割合に争いがある。
  • 治療を打ち切られた。
  • 修理や代車に費用がかかった。
  • 加害者になってしまったが、損害賠償額の目安を知りたい。

このような場合、専門家にご相談ください。
訴訟や交渉を弁護士に任せることで、より有利な条件で解決できることがあります。

こちらが金銭を支払う場合でも、金額が妥当かどうかアドバイスを差し上げられます。